読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2020年東京オリンピックを尊厳あるオリンピックに!!

~日本から歴史のターニングポイントを創ろう!!~

尹東柱の詩に触れて 

尊厳オリンピック実行委員会の澤田祐子です。

 

私は昨日、東大の日韓交流会主催「尹東柱の詩と生涯~今日に生きる私たちに伝えてくれること~」に参加してきました。

 

尹東柱について研究を続けていらした

楊原泰子さんのお話、

松岡みどりさんの朗読は心に響きました。

 

昨日は参議院選挙もある中だったのでとても

意義深い場になりました。

 

私は2020年東京オリンピックに向けて

日本がどのようなアイデンティティ

韓国、そしてアジア諸国と関係性を再構築していくかは、本当に、本当に要だと思います。

 

メディアの情報に踊らされることなく

一人ひとりが世界の全体像をとらえて

意志を立たせ、ともに未来を創る視座に立てるときに「未来は明るい!」と力づよく言い放つことができるのだと私は思います。

 

書きたいことは山とあるのですが

やや謀殺されています。

 

尹東柱が獄中の中で心に刻んだ詩を

私たちが引き継いで歌にするなら

どのような旋律になるだろうと思いつつ

 

 

『序詩』

いのち尽きる日まで天を仰ぎ

一点の恥じることもなきを、
木の葉をふるわす風にも
わたしは心いためた。
星をうたう心で
すべての死にゆくものを愛おしまねば
そしてわたしに与えられた道を
歩みゆかねば。

今夜も星が風に身をさらす。

 

尹東柱