読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2020年東京オリンピックを尊厳あるオリンピックに!!

~日本から歴史のターニングポイントを創ろう!!~

開催場所にみる五輪

こんにちは!

お久しぶりです、ゆうくんです(^^)

 

今日は開催場所という視点から

五輪を見てみようと思います。

 

夏季五輪は1896年アテネ大会から始まり、

次の2020年東京大会で32回目になります。

(中止になった3大会は含まないので実質29回)

 

先ず北半球と南半球で見ますと、

北半球26、南半球3。

南はメルボルンシドニーリオデジャネイロの3回のみです。

 

 

次に地域で見ますと、

欧州16、北米5、中南米2、オセアニア2、アジア4。

アフリカは開催0です。

 

更に国別で見ますと、(複数のみ記載)

アメリカ4、イギリス3、フランス2、ドイツ2、ギリシャ2、オーストラリア2、日本2。

 

これを見て思うのは、欧州と北米が主に開催しています。

そしてやはり経済力がある国が、開催しているのは明白です。

同時にアメリカ・イギリスを始め、その時の大国が開催していますね。

アジア・中南米・アフリカはまだまだ経済力のある国が少ないのが、

大いに関係しています。

 

政治と経済力というのは、密接に結びついていると感じます。

それがそのまま影響力に反映していますね。

 

そんな中、アジアで唯一複数開催する日本(中止大会を含めると3回目)には、

その独特の感性、そして底力を感じます。

2020年大会が、何か新しいキッカケを世界に与えられる、そう思えてなりません。

今から楽しみですね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

2016.11/16 ゆうくん