読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2020年東京オリンピックを尊厳あるオリンピックに!!

~日本から歴史のターニングポイントを創ろう!!~

オリンピックがおもしろい!

みなさま こんばんは

 

東京尊厳オリンピック実行委員会共同代表のイシヅカマサコです。

間近にせまった(2016年8月5日開催)リオデジャネイロオリンピックの先、2020年東京オリンピックを見据えて、共同代表13人が発信してまいります。

 

オリンピック

浅薄ながら、単なるスポーツの祭典の印象が強かったのですが、調べてみるといろいろと“おもしろい”!

そして私たちがしようとしていることも、最上級に“おもしろい”!!

これから共有していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

まずは、近代オリンピックの父と言われるピエール・ド・クーベルタン男爵(1863-1937)のお話しから。

 

*************************************************************************************************************

彼は、1863年1月1日、貴族の家系の三男としてパリに生まれました。当時の貴族の子息の多くがそうであったように士官学校に学び、ゆくゆくは軍人か官僚、あるいは政治家になることを期待されていましたが、その道は彼を満足させるものではなく、次第に教育学に興味を示すようになります。 

 というのも、彼が青春時代を送っていた当時のフランスでは、普仏戦争(1870~71)の敗戦を引きずり沈滞ムードが蔓延していました。この状況を打開するには教育を改革するしかない、と考えるに至ったのです。

*************************************************************************************************************

 

そう、クーベルタン男爵と同じです。

 

70年間戦争は行われていないのに、鬱や自殺が止まらず心の平和を保てない日本

みんなが幸せを求めながら、終わりが見えないテロや戦争

広がり続ける経済格差

AIの進化による雇用の危機

この時代に生きる私たちを取り巻く様々な状況を打開するには、教育を改革するしかない、と私たちも考えています。

 

続きはまた

 

2016年7月11日

石塚雅子