読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2020年東京オリンピックを尊厳あるオリンピックに!!

~日本から歴史のターニングポイントを創ろう!!~

4年後の今は。

皆さまこんにちは、東京尊厳オリンピック共同代表の山田太一郎です。

尊厳オリンピックを広く周知する為にメンバーが日替わりでblog発信を始めました。
末永く楽しんで頂ける様にメンバー、一同頑張って参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

皆さま「尊厳」とは日常余り使われないフレーズではないでしょうか。
また今日皆さまの会話の中で何回「尊厳」を使いましたか?
全く無いに等しいと思います。

日常生活と全く関係がなく、活用する意味や価値が分からない様に見えますが、実は人間で生きる上で最も重要なのが一人一人が持つ「尊厳」であると私達は考えています。

今の日本社会は「尊厳」を無視した環境であると感じています。
鬱、自殺者、いじめ、リストラ、ブラック企業、薬物問題、政治家の不正、等々、、、数え挙げたらきりがありません。
様々な面でこれで良いのか?と思うぐらいに社会問題が浮き彫りになる中、しかし問題の根本を解決しないまま対処だけ済まし、その状態に感覚を麻痺させているのではないでしょうか?
また問題提起される方はいらっしゃいますが、根本問題解決までは中々伝えきれていませんし、皆が「そうだ!」と納得出来る答えがありません。

口うるさい小言や説教を垂れ流す分けではございませんが、これれらの問題は何時かは誰かが勇気を持って解決しなければならないと思います。
また近い将来誰かが助けてくれ、自分一人だけが生きられるなど漠然としてしまってもいけません。

ではどうすれば良いのでしょう?

そう、その質問こそが大事で私達は「人間の尊厳回復」をテーマに人の在り方から社会全体を変えて行きたいと活動をしています。

先日メンバーと打ち合わせをした時に「2020年には日本全国で尊厳の認知度100%にしたいね!」と盛り上がりました。
これは私達だけの空想、自己満足に止まらない様に、本気で日本に「尊厳」を広げて共有して行きたいと決めました。
そして東京オリンピックで海外から多数の人々が日本へ来日されます。
東京だけではなく、各観光地へも行かれるでしょう。
その時に日本の美しさ、日本人の繊細な気配り、おもてなし、和心に大変感動され、「尊厳」ある社会や人間関係を体感されると思います。
日本は国家では無く、天国だったと思うかも知れません。
そして多くの外国人が日本に住み、日本で尊厳を学びたいと思うかも知れません。
これは私の戯言でなく、現実に実現させて「尊厳」を国家ブランドにまで高めて行きたい。

少ない話しが長くなりましたが、「尊厳」に少しでも興味がある方やご賛同頂けるならこれ以上ない喜びであり共に創造して行ける仲間に是非成って頂きたいです。
2020年東京尊厳オリンピックを成功させましょう。

それではまたお会い出来る日を楽しみにしています。

ご拝読下さりありがとうございました。

2016年7月6日 山田太一